カード不要の後払いが拡大(日経より)

後払いを導入する実店舗やネット通販が拡大傾向に

キャッシュレス化が国内でも進んでいます。
実店舗でもPaypayを始め、あらゆるキャッシュレスサービスが導入されています。

日本経済新聞でも「カード不要の「後払い」が拡大」といった記事がUPされていました。
(※参照 カード不要の「後払い」が拡大」日経新聞 )

ネットプロテクション(NP後払い)によると利用者は1350万人とのことなので、ネット通販利用者の相当数の方が後払いを選択し、利用していることがわかります。

AIによる信用調査

内容としては人工知能(AI)を導入し、個人の信用度を解析、さらに上限金額を決定する与信審査の仕組みが注目されてクレジットカードに変わる決済手段として注目されているようです。

背景として決して現在のキャッシュレスの店舗でも実際ポイントが還元されないなどのトラブルや、後払いを導入していなくてクレジットカード、もしくは銀行振込だけのサイトに対して懐疑的になっている傾向もあり、クレジットカード等の個人情報を登録するのに抵抗がある」や、「商品・商材を手元に届いてから支払いを行いたい」といった需要があるためです。

クレジットカード等をはじめとする信用度調査は、年収・勤務先・勤続年数やあらゆる属性によりカード発行を行うのにたいし、後払い決裁は消費行動履歴等でAIが解析して見極める点が大きく異なります。

クレジットカードの信用調査はどうしてもハードルが高いが、後払い決済であれば主婦や若年層にも利用することができます。
もちろん使える上限はおおよその店では限定されているので、大きな買い物を一度にすることはできません。(※54,000円が上限としている場合が多いです)
次に利用するにしても支払いが正常に行われたかどうかが見極められます。

宅配ボックスを設置する自宅が増えている

後払いは商品が届いてから請求書で後日に届く場合もあれば、商品の箱に同封されて届く場合もある。
代引きの場合は在宅しなければならないが、今では日中の不在中に宅配ボックス等を設置しているマンションも多いため、これらを利用する人が圧倒的に増加傾向にあり、今後も一戸建てでも設置する家庭が増加中です。

 

とくに配達のインフラも各配送会社による企業努力により、「○○時までのお申し込みの場合は即日配達」と、すぐに届くといったサービスを打ち出すことで同業他社と差別化を図るネット通販も増えています。

エンドユーザーとしては今日注文したら明日には手に入れたい、だけど明日は会社なので日中は受け取れないといった方が多い為、宅配ボックスがマンションでも満杯で宅配業者が仕方なく一時持ち帰る事象が多く発生しています。それ程ネットからの注文が多いことを表します。

ツケ払い通販.comTOPへ

 

-後払い通販 総合ショッピングモール

© 2020 後払い通販やツケ払いができるネット通販をまとめて紹介。2020年版